認証サーバーとしてフリー半径を使用するように Apache ウェブサーバーを構成する方法を学習しますか? このチュートリアルでは、Ubuntu Linux を実行しているコンピュータにインストールされているフリー半径サーバーを使用して Apache サービスを認証する方法を説明します。

• ウブンツ 18
• ウブンツ 19
• アパッチ 2.4.41
• フリー半径 3.0.17

アパッチ - 関連チュートリアル:

このページでは、Apacheに関連するチュートリアルのリストにすばやくアクセスできます。

チュートリアル - Ubuntu Linux上のフリーラジアスサーバーのインストール

IP - 192.168.15.10
•オペラシステム - Ubuntu 19
• ホスト名 - フリーラディ

Linux コンソールで、以下のコマンドを使用して FreeRadius サービスをインストールします。

Copy to Clipboard

ここで、FreeRadius クライアントをクライアントに追加する必要があります。

クライアントを見つけて編集します。

Copy to Clipboard

clients.conf ファイルの末尾に次の行を追加します。

Copy to Clipboard

この例では、1 つのクライアントデバイスを追加しています。

デバイスは APACHE という名前で、IP アドレス 192.168.15.11 を持っています。

ここで、FreeRadius ユーザーを USERS 構成ファイルに追加する必要があります。

Freeradius ユーザー構成ファイルを見つけて編集します。

Copy to Clipboard

ファイルの末尾に次の行を追加します。

Copy to Clipboard

この例では、2 つのユーザー アカウントを追加しています。

最初のユーザー アカウントは管理者という名前でした。

2 番目のユーザー アカウントは、ブルーノという名前でした。

フリーRADIUSサーバを再起動します。

Copy to Clipboard

RADIUS サーバの設定ファイルをテストします。

Copy to Clipboard

Ubuntu Linux でフリーラディウスのインストールを終了しました。

フリーラジアス認証テスト

次のコマンドを使用して、ローカルで RADIUS 認証をテストします。

Copy to Clipboard

コマンド出力は次のとおりです。

Copy to Clipboard

ご覧のとおり、ブルーノアカウントはRadiusサーバーで正常に認証を受けることができました。

Admin という名前のユーザー アカウントをテストします。

Copy to Clipboard

コマンド出力は次のとおりです。

Copy to Clipboard

ご覧のとおり、管理者アカウントは Radius サーバーで正常に認証を受けることができました。

アパッチ - フリーラディウスの半径認証

IP - 192.168.15.11
• 運用システム - Ubuntu 19.10
• ホスト名 - アパッチ

Apache サーバーと Radius モジュールをインストールします。

Copy to Clipboard

Apache2 半径モジュールを有効にします。

Copy to Clipboard

この例では、Test というディレクトリにアクセスしようとするユーザーに認証を要求します。

Test という名前のディレクトリを作成し、このディレクトリに対する www-data という名前のアクセス許可をユーザーに与えます。

Copy to Clipboard

テストディレクトリにアクセスしようとするユーザーに Radius 認証を要求するように Apache サーバを設定します。

Apache 000-default.conf 設定ファイルを編集します。

Copy to Clipboard

設定前の 000-default.conf ファイルはここにあります。

Copy to Clipboard

設定後の 000-default.conf ファイルを次に示します。

Copy to Clipboard

Apache サーバーは、ディレクトリ /var/www/html/test を acesss に対してパスワード認証を要求するように構成されました。

Apache ウェブサーバーは、Radius サーバ 192.168.15.10 を使用してユーザ アカウントを認証するように設定されました。

Apache サービスを再起動します。

Copy to Clipboard

おめでとう! Apache 認証が正常に構成されました。

アパッチ - RADIUS認証テスト

ブラウザを開き、Apache ウェブサーバーの IP アドレスを入力します。

この例では、ブラウザに次の URL が入力されています。

• http://192.168.15.11

Apache のデフォルトページが表示されます。

Apache default page

ブラウザを開き、Web サーバーの IP アドレスと /test を入力します。

この例では、ブラウザに次の URL が入力されています。

• http://192.168.15.11/test

ログイン画面で、Radius ユーザー名とそのパスワードを入力します。

• ユーザー名: 管理者
• パスワード: 123qwe..

Apache login form

ログインが成功すると、Test という名前のディレクトリにアクセスする権限が与えられます。

Apache Radius Authentication test

おめでとう! Apache サーバーで Radius 認証を構成しました。