SNMPを使ってZabbix Auto Discovery機能を使う方法を学びたいですか? このチュートリアルでは、Zabbix SNMP自動検出機能を10分以内に設定する方法を説明します。

•Zabbixバージョン:3.4.12

自動検出機能を使用すると、Zabbixサーバは特定のSNMPコミュニティを使用してコンピュータやデバイスのネットワークを定期的にスキャンし、それらのデバイスの検出時に事前に定義されたアクションを実行できます。

Zabbixサーバは、特定のSNMPコミュニティを使用するようにあらかじめ設定されたデバイスしか見つけられないことを理解することが重要です。

Windows、Linux、その他のデバイスを実行しているコンピュータにSNMPサービスをインストールして設定する方法がわからない場合は、Zabbixチュートリアルのリストをご覧ください。

ハードウェアリスト:

以下のセクションでは、このZabbixチュートリアルの作成に使用される機器のリストを示します。

上記の各ハードウェアは、AmazonのWebサイトにあります。

Zabbix Playlist:

このページでは、Zabbixインストールに関連するビデオの一覧に素早くアクセスできます。

私たちのYouTubeチャンネルに登録することを忘れないでください FKIT.

Zabbix関連チュートリアル:

このページでは、Zabbixインストールに関連するチュートリアルの一覧に素早くアクセスできます。

チュートリアル - SNMPを使ったZabbixの自動検出

今度は、Zabbixサーバーのダッシュボードにアクセスし、新しいホストを追加する必要があります。

ブラウザーを開き、Webサーバー+ / zabbixのIPアドレスを入力します。

この例では、ブラウザに次のURLが入力されています。

•http://35.162.85.57/zabbix

ログイン画面で、デフォルトのユーザー名とデフォルトのパスワードを使用します。

•デフォルトのユーザー名:管理者
•デフォルトパスワード:zabbix

zabbix login

ログインに成功すると、Zabbix Dashboardに送信されます。

zabbix dashboard

ダッシュボード画面で、[Configuration]メニューにアクセスし、[Discovery]オプションを選択します。

Zabbix Discovery

画面の右上にある[検索ルールの作成]ボタンをクリックします。

Host discovery configuration(ホスト検出の設定)画面で、次の情報を入力する必要があります。

•名前 - 検出規則の識別情報を入力します。
•プロキシによる検出 - プロキシはありません。
•[IP範囲] - スキャンする必要のあるIPアドレスの範囲を入力します。
•更新間隔 - ネットワークスキャンの間隔です。
•チェック - 新規オプションをクリックします。
•デバイス一意性基準 - SNMPv2エージェント "1.3.6.1.2.1.1.5.0"
•有効 - はい

私たちの設定の前に、元の画像があります。

Zabbix Auto Discovery Configuration

ここに私たちの設定で新しい画像があります。

Zabbix auto discovery SNMP

[新規]オプションをクリックし、次の設定を入力します。

Zabbix auto discovery SNMP check

[追加]オプションをクリックします。

デバイスの一意性基準で、次のオプションを選択します。SNMPv2 agent "1.3.6.1.2.1.1.5.0"

Device Uniqueness criteria

[追加]ボタンをクリックして、自動検出ルールの設定を完了します。

チュートリアル - Zabbix発見アクション設定

ここで、新しいSNMPデバイスを検出した後にZabbixが実行する必要があるアクションを設定する必要があります。

ダッシュボード画面で、[Configuration]メニューにアクセスし、[Action]オプションを選択します。

Zabbix Action menu

画面の右上にあるDiscoveryイベントソースを選択します。

[アクションの作成]ボタンをクリックします。

Zabbix discovery action

Host discovery configuration(ホスト検出の設定)画面で、次の情報を入力する必要があります。

•名前 - 検出アクションの識別情報を入力します。
•条件 - 検出ルール=内部ネットワーク
•有効 - はい

私たちの設定の前に、元の画像があります。

Zabbix new discovery

ここに私たちの設定で新しい画像があります。

Zabbix discovery action configuration

[操作]タブにアクセスし、Zabbixが実行するアクションを設定します。

Zabbix Discovery operations

この例では、Zabbixサーバーはネットワーク192.168.100.0/24をスキャンし、1時間ごとにGokuBlackという名前のSNMPコミュニティを持つデバイスを検索します。

ZabbixサーバがGokuBlack SNMPコミュニティを使用してデバイスを検出した場合、このデバイスはDiscovered hostsグループに追加されます。

Zabbix Discovery Hostname

ZabbixサーバはデバイスのIPアドレスをデバイス名に変換できる必要があります。

ZabbixサーバがSNMPデバイスのIPアドレスをホスト名に変換できない場合、ホスト名を使用せずにデバイスのIPアドレスを使用してホストを作成します。

Zabbix Discovery IP Address

必要に応じて、Zabbixサーバを設定して、検出プロセス中にテンプレートを割り当てることもできます。

おめでとう! Zabbix SNMP自動検出機能が正常に設定されました。